News Stories

脱毛でフェロモン減少はありえるの?知らないとやばいデメリット

3-2

脱毛をするとフェロモンがなくなって異性からモテなくなってしまう!?という噂を聞いたことはありませんか?脱毛について調べてみると、この手の噂をちらほら見かけます。

すべての女性が「綺麗になって異性からモテたい」と思って脱毛をしているとは言い切れませんが、少なからずそういった気持ちがあるのではないでしょうか。

しかし、モテたいから脱毛をするのに脱毛をしてフェロモンがなくなってモテなかったら意味がないじゃないか、と思うこともしばしば。本当に脱毛でフェロモンがなくなってしまうのでしょうか?

今回は脱毛でフェロモンが減少するのは本当かどうか調べてみました。

3-1

 脱毛でフェロモンがなくなる?3つのデメリット

 そもそもフェロモンってなに?

フェロモンが減るとモテなくなると言いますが、それ以前にフェロモンとはいったい何者なのでしょうか?

フェロモンとは生物が仲間を引き寄せたり、異性とのコミュニケーションを取るために分泌される化学物質といってよいでしょう。美味しそうないい香りするがするとおもわずその香りの方へ近づいてしまいたくなります。そのいい香りこそが「フェロモン」に相当するものと考えてみてください。

つまりフェロモンが減少してしまうと、いい香りがしなくなってしまうので異性が近寄ってきてくれない事からモテない、ということに繋がるのです。

 脱毛するとフェロモンが減少するって本当?

結果からはなしてしまうと、脱毛をすることでフェロモンが減少するといった科学的根拠はありません。ではなぜこのような噂があるのでしょうか?

今よりもずっと昔の原始時代、汗腺からでる汗のにおいがフェロモンとして異性をひきつける役割を担っていたことがありました。しかし、現代ではその嗅覚は退化し、以前はフェロモンとされていたにおいは現在では「悪臭」と感じられてしまっています。

脱毛を行う事でこのフェロモンを出す汗腺が破壊されるため「フェロモンが減少する」という噂になったようですが、上記でも記載したようにその嗅覚は退化しいまや悪臭とまで言われる始末。

脱毛によってフェロモンが減少する、とはなかなか言い切れないのではないのでしょうか。

 でも思わぬデメリットもある?

脱毛を行ったことで以前よりも汗をかくようになったと感じる方が多くいるようです。しかし、脱毛をしたからといって汗の量が増えるわけではありません。ではなぜこのように感じる方が多いのでしょうか?

脱毛を行う前は少なからずそこに毛がありました。その毛が汗を感じにくくさせていたのが真相です。その為、毛を脱毛してしまうとダイレクトに汗を肌で感じてしまいます。そうした結果「脱毛する前より汗をかくようになった」と感じる方が多いようです。

特に脇の下などになると服に汗が染みこんでしまい服の色が変わってしまうというかたもいます。しかしこれはつるつる肌である証拠として受け入れざるしかありません。脇の下にパットを置いてみたり、こまめに汗を拭きとるなどして対応をしていきましょう。

3-2

 まとめ

脱毛でフェロモン減少はありえるの?知らないとやばいデメリットはいかがでしたか?

脱毛を行う事でフェロモンがなくなりモテなくなる、ということはあまり考えられない様です。しかし脱毛を行う事で汗がダイレクトに服に染みつき、悪臭となるのでモテなくなる、という風に考えればあながちフェロモンが減少するという考え方も当たっているのかもしれませんね。

脱毛をしていてもしていなくても、汗は放置しておくと悪臭と人は感じてしまいます。現代にはたくさんの汗をケアする商品がありますのでこまめにケアをすることでいい香りのフェロモンが出てくるかもしれません。

Leave a Reply