News Stories

生理中は禁止?脱毛のデメリット

10-2

女性には毎月必ず訪れる「生理」。こればかりは女性である以上仕方ありません。そしてせっかく予約していた脱毛の施術日と重なってしまった、という経験をした方もいるのではないでしょうか?

生理中では脱毛を行うことが出来ないと断られてしまうことも多いですよね。しかし、自分で一度キャンセルをしてしまうと人気店ではなかなか再予約がとることが出来ない場合もあります。ではなぜ生理中の脱毛は断られてしまうのでしょうか?

今回は生理中に何故脱毛を行うことが出来ないのか調べてみました。

10-1

生理中の脱毛には3つのデメリットがある

 生理中は肌が敏感になっているためトラブルを起こしやすい

女性の身体はホルモンバランスによって毎日変化しています。そのホルモンバランスに大きな影響を与えているのが生理です。エストロゲンという卵胞ホルモンとプロゲステロンという黄体ホルモンのバランスにより女性の身体は大きく変わってきます。

生理中は通常時よりもホルモンバランスが崩れている状態です。その為、肌がいつも以上に敏感になっており、肌トラブルが起きやすくなってしまっています。

もちろん、これはVIO以外の部位にも同じことが言えますのでサロンの方は私たちの身体を心配して脱毛を断っているようです。

 肌が敏感になるという事は痛みも強まる

生理中は肌が敏感な状態になる為、いつもならなんともない些細な刺激も痛みを伴う場合があります。もちろん脱毛施術においても同じことが言えるので、いつも痛みを感じていなかったとしても生理中は痛みを感じる可能性があるでしょう。

痛みが強いということはそれだけ肌にもダメージがあるという事。火傷や傷になってしまっては誰もいい気持ちにはなりません。

脱毛サロン側としても痛みを伴う施術はその後炎症などに繋がるリスクがあるため避けたいという気持ちが本音のようです。

 衛生面を考慮している

顔や脇の下、腕や脚などなら店舗によっては脱毛施術を行ってくれる場所もありますが、VIO部位を希望する方は断られる店舗がほとんどのようです。生理は結局のところ血液が体外に出てしまいます。

血液には病気を媒介させる可能性がある為、サロンではどうしても遠ざけたいという気持ちがあるようです。

最悪の場合血液感染なども考えられてしまいし、経血が付いた道具で施術をされてしまっては脱毛を受けたいと思う気持ちはなくなってしまいます。

サロン側が生理中の脱毛を断る最大の理由はkの衛生面の観点からといっても過言ではないでしょう。

10-2

 まとめ

生理中は禁止?脱毛のデメリットはいかがでしたか?

簡単にまとめると「肌が敏感になっているため肌トラブルが起こりやすい」「施術中の痛みが強くなる」「衛生的に良くない」という観点から脱毛サロンが生理中の脱毛を断っていることがわかりましたね。

そして断っている理由が意外と脱毛を希望している人の身体を考えてくれていることがわかりました。確かに、綺麗になるために脱毛を行っているのに痛みを伴いながら肌が炎症を起こしてしまってはまるで意味がありませんよね。

もちろんサロンによっては施術できる部位・場所がありますのでどうしても都合が取れない・予約日を変更できないという方は一度サロンの方に直接相談してみることが一番いいかもしれません。

また、サロンによっては急なキャンセルは1回分としてカウントされてしまう場合もある世です。施術していないのに1回分の料金がかかってしまったらもったいないので、事前にわかる方は変更しておいた方が無難かもしれません。

安心・安全に脱毛を行う為にも、脱毛施術当日に生理が来てしまった場合は必ず専門スタッフに相談することをお勧めします。

Leave a Reply