News Stories

毛抜きでの脱毛にはデメリットがつきもの?メリットも?

6-1

つるつるなすべすべ肌は女性なら誰しもが憧れる美肌ですよね。だけど、脱毛してみたいけれど脱毛は高いからなかなか手が出せない…と思っている女性も多いはず。

そんな世の中の女性陣が最終的にたどり着いた脱毛法は「毛抜き」を使用した脱毛法ではないでしょうか?しかし、毛抜きでの脱毛には毛抜き脱毛ならではのメリットやデメリットがあるようです。

いったいどんなことがあるのでしょうか?今回はメリットとデメリットについて調べてみました。

6-1

 知っておきたい、毛抜き脱毛の3つのデメリットとメリット

手軽にできるから便利

美意識の高い女性の皆様なら、ご自身で毛抜きは1本必ずといってよい程お持ちなのではないでしょうか?眉の部分や指先などのちょっと気になる部分をさっと処理できる便利で使い勝手の良い毛抜きは忙しい現代人の女性には欠かせないアイテムの一つです。

また、コンパクトなため外出する際や学校・職場にもポーチに忍ばせておけるため持ち込みしやすいのも特徴です。気になる部分を気になった時にすぐ処理できることが毛抜きを使用した脱毛の最大のメリットだといえるでしょう。

 毛抜きでの脱毛はリスクが高い?

メリットも多い毛抜きでの脱毛ですがメリットがあればそれなりにデメリットも存在しています。毛抜きを使用し無理やり毛を引き抜くことにより毛穴や皮膚が傷ついてしまうというリスクがあることをご存知でしたか?皮膚は傷を負うと再々するために薄い膜を張ります。毛穴に幕が張ってしまうと表皮が塞がってしまい次に生えてくる毛が表皮の上に出てこられなくなるという埋没毛に繋がってしまうのです。

この埋没毛というのは薄皮の下に丸まった毛が生えてしまったり、毛穴が黒くブツブツしてしまう状態のことを指し、最悪の場合塞がった毛穴の下で細菌感染を起こしてしまう可能性があります。

せっかくきれいになるために行った脱毛で病気にまでなってしまっては元も子もありませんよね。

また、毛穴が傷ついてしまうと皮膚は外からの刺激だと捉え以前よりも強くあろうと太い毛が生えてきたり同じ毛穴から2本の毛が生えてきたりと逆に目立ってしまうこともあるようです。

 守るべきことを守れば毛抜き脱毛のリスクは軽減される

デメリットがあるとわかっていても、すぐにはやめることが出来ない毛抜き脱毛ですがしっかりとケアをしながら行えばそのリスクはかなり軽減されるようです。今回は毛抜き脱毛のリスクを軽減させる方法もご一緒にお話しします。

まずは毛抜きを使う前に、抜きたい部分を良く温めて皮膚を軟らかくしてから処理を行うようにして下さい。それだけで皮膚の傷を軽減させることが出来ます。

また、毛を抜く時は毛並みに逆らわないように抜きましょう。毛並みに逆らうと皮膚を傷つけてしまう恐れがあります。

そして毛抜きをした後はしっかりと手入れを行い清潔な状態を保ち保湿をしておきましょう。傷や炎症を起こしてしまったあとではなかなか治すことが出来ません。毛抜きを行った後、数日清潔に保湿しておくだけでも毛抜きのリスクは軽減します。

6-2

 まとめ

毛抜きでの脱毛にはデメリットがつきもの?メリットも?はいかがでしたか?

お手軽にできてしまう毛抜きを使用した脱毛法はとても便利で利用している女性も数多くいると思います。しかし、間違ったやり方のまま毛抜きを使用して脱毛を行っていると最悪の場合炎症などを起こし大惨事になりかねません。

正しい毛抜きの方法をしっかりと理解し、アフターケアーを行うようにするだけでそのリスクは軽減されます。

身嗜みを整えるためには処理をした後も丁寧にケアしてあげることが重要です。綺麗な女性を目指すには最初から最後まで気が抜けません。

Leave a Reply